閲覧注意!ブラックが今すぐお金を借りる方法

ブラックでも借りられるって本当?

ブラックでも借りられるキャッシングは少数派です。一部悪徳業者やグレーの所もあるため注意しながら借りる必要があります。例えばこんな業者なら借りられる可能性が高いですよ。

地方で頑張っている小さな金融業者

小額ならOKの所もアリ

 

意外と大手に押されぎみの小さな金融業者も多いため、ブラックでも借りられる所は探せばあります。全国向けに提供する大手よりも、地方で頑張っている優良な企業を探すのもアリです。しかし、そんな業者に見えても実は悪徳業者のケースもあるため注意してくださいね。

 

 

ちなみに悪徳業者は次のような手口を使ったりします。

ブラックでもOKと記載されている
保証人不要なのに800万円とか金額がありえない
携帯電話の番号しか無い
登録番号の数字が若い

実は登録してれば良いのではなく、営業している年数が問題なのです。1と書かれていれば登録はできたが、その後グレーな営業をして取り消される可能性もあるわけです。登録は3年ごとに更新されているため、1は3年未満の若い会社だとわかります。一概に全てが悪徳とはいえないけど、最低限避けたほうが良い分類です。
1の業者で借りるしかないなら、ネットで登録番号を検索してみて下さい。ブラックや以前登録が無くなった番号ならすぐに出てきます。

実は新規の金融機関が狙い目

グレーの営業でもなんでもなく、ブラックでも貸してくれる業者はあるのです。実は登録して間もない若い会社はとりあえず知名度を上げたり、業績を出すために必死なため幅広い人にお金を貸す傾向があります。
このような業者を利用する際の注意点は次のようなものです。

 

登録番号1を狙え

ネットで口コミをチェック

過去に違法な営業をしていないか検索

 

金融業を運営するには登録番号を取得する必要がありますが、ここに数字が記載されています。この数字が少ないほど若い会社で、1なら3年未満の会社のためねらい目です。これらの業者は大手消費者金融、銀行と対抗する立場にあり実績を求めています。ブラックの中の本当のブラックの人はダメかもしれませんが、信用情報機関に過去の事故歴が載っていてもある程度時間が経過しているならOKなど基準が多少ゆるいのです。

 

過去に違法な営業をしていないか簡単に調べる方法があります。

 

同じ住所で悪徳業者が見つかるとNG
電話番号で検索してみよう
同じ企業が会社名を変えている可能性アリ

 

悪徳業者はすぐに登録がなくなるため名前を変えて営業しています。同じ住所ならアウト、住所は違うのに携帯電話番号が同じだったり、似たような会社名になるなど何か痕跡を残していることがあります。

ブラックOKでもこんな所は見られている

大手消費者金融のライバル店に当たる中小企業ではブラックOKとなっている所もあります。大きく「ブラックでも絶対に借りられますよ!」とは書かれていないため注意してください。絶対はありえずこの広告は違法です。ブラックOKなのは比較的審査がゆるいだけで、最低限のルールは守られているものです。
次のような点に注意してみて下さい。

 

年収と借りている金額が適正か

何社からの借り入れがあるか

過去の延滞や事故歴がないか

 

順番に説明していきますね。まずは年収と借りている金額ですが、消費者金融は総量規制で年収の3分の1までしか貸すことができません。既に他社で借りていてこの金額に達しているなら借りられる可能性がかなり低いです。
何社からの借り入れがあるかも同様なのですが、総額だけでなく件数も考慮されています。多数の利用があるのは多重債務者になる可能性があるため、業者もそのリスクを避けたいので貸してくれません。自転車操業するような借り方をする方もいますしね。
延滞や過去の事故歴なども影響しますが、年数が経過しているなら問題ない業者もあります。これが審査がゆるい業者でブラックでもOKといわれる所以でしょう。今ブラックだけど情報機関の情報がまだ消えていない人でも借りられるチャンスはあるかもしれません。

ブラックでない人はこちらで借りましょう